老人ホームの種類を学ぼう|より良い老後を過ごすための住宅型有料老人ホーム選び
家

快適な老後を目指すため老人ホームのことを知っておこう

老人ホームの選び方に必要なもの

ご自身の老後を過ごすために老人ホームをお探しのあなた、あるいは大切なご家族をお預けになりたいというあなたのために、大切な情報をお届けいたします。まず、老人ホームの選び方が最重要です。このページの情報を参考にして、最適な老人ホームを選ぶための知識を手に入れましょう。

老人ホームについて順序良く学んでいきましょう

そもそも老人ホームとは

老人ホームは、老人福祉法による規定をもとにして、一人以上の老人を入所させて、介護などのサービスを行う施設です。老人ホームは「老人福祉施設」と「有料老人ホーム」の二つの種類に分かれています。特に広島市などでは、有料老人ホームの整備が進んでいます。

老人福祉施設とは

老人福祉施設とは正式名称を「介護老人福祉施設」であり、地方自治体などが運営を行なっています。入居には特別な条件があり、希望者が全員入居できるわけではありません。主な条件として65歳以上であり、要介護認定を受けており、自宅での介護が困難と認められた方のみが入居可能となっています。

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は、老人福祉施設と病院との中間に位置づけられている施設です。退院した後に自宅での生活が送れるようになるまでの、医療ケアを受けたり、リハビリテーションを行ったりすることを主な目的としている施設です。

有料老人ホームとは

有料老人ホームは、主に民間企業によって運営されている施設です。入居の基準は企業ごとにさまざまですが、老人福祉施設に比べて幅広く、65歳以上であればよいというところが多いです。老人福祉施設に比べて、入居者のニーズに合わせたサービスを提供可能なことが特徴です。

公共施設と民間施設

それぞれの施設の主な違いは、公共団体の運営か、民間企業の運営かという点です。老人福祉施設や介護老人保健施設は公的施設であるため料金は安いのですが、入居条件が厳しく、相部屋になることがほとんどであるなど、サービスの質には期待しにくいでしょう。有料老人ホームは民間のサービスである分、利用料金はかかりますが、快適なサービスを期待することができます。

老人ホームの種類を学ぼう

婦人

有料老人ホームの選び方を学びましょう

上質なサービスを受け、快適な暮らしを送るためには、有料老人ホームへの入居をおすすめします。有料老人ホームの上手な選び方を学びましょう。まずは、有料老人ホームには二つの種類があります。主にどのようなサービスに分かれているのか、それぞれの違いについて確認していきましょう。

介護付き有料老人ホームはここがメリット

介護付き有料老人ホームの最大の特徴は、常駐する介護スタッフによって介護サービスを受けることができることです。基本的には24時間の介護を必要とする方へ向けた入居施設です。介護スタッフが、常に入居者の側にいることで安心して入居することが可能です。

住宅型有料老人ホームはここがメリット

住宅型有料老人ホームは、介護を必要としない方や、軽度のサービスだけで自力で生活できる方が主な対象となります。また、外部の介護サービスを利用することができるなど、入居者にあわせた柔軟なサービスを提供できることが特徴です。そのため、介護付き施設に比べ、入居条件が軽く済むなど、快適な生活を送るために最適な施設です。